委員会

2022年度 委員会 総務委員会

《基本方針》


委員長 中澤大飛

一昨年から猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響で事業の在り方が劇的に変化しています。しかし、連綿と受け継がれてきた知識や経験を活かし、効率的な青年会議所活動を可能にしなくてはなりません。そのために当青年会議所の事業を適切に遂行し、効率的な理事会や各委員会の運営を行い、会員同士の結束力を深め組織をより確固たるものにしていきます。

本年、当委員会では新体制及び運動指針を関係諸団体の皆様に発信するために実地開催に加え、動画配信で賀詞交歓会を行います。さらに、市長講話では市長から秦野市の現状と将来の展望について拝聴し、青年会議所と市政とのまちづくりの連携を深める意見交換をすることでメンバーが市民の先導者として明るい豊かな社会を築き上げるための意識改革を行います。また、新型コロナウイルスの影響で会員間の交流が深まる場が少なくなっています。そのため対面での交流の場を作り会員同士がお互いを知り、絆が深まる事業とし、オブザーバーに参加して頂き拡大活動としていきます。また、組織運営には適切な会計処理が求められるため、財務セミナーを実施し、知識を身に着けてもらいます。さらに、広報としては事業の都度、各種SNSへ写真や動画を投稿し市民の方へ向けて活動内容を発信していき周知を図ります。また、重要な意思決定機関である理事会を運営するにあたり、オフライン上に積み重なっていたデータの管理、議案の配信を一本化してICT化を推進いたします。そして、会議内容を記録し、配信することで、内容を各委員会へフィードバックして事業構築の一助とし、円滑な理事会運営へと導いてまいります。

当委員会では理事会や総会の厳粛な運営や広報活動、未来を見据えたICTを駆使することで人と人との新たなコミュニケーションを産み、会員の主体性や責任感を向上させ、能動的に活動してもらいます。そして、会員間の心を組み秦野青年会議所をより強固で持続可能な組織としていきます。

《活動・運動計画》

(会員共通)

1)例会、対内事業、渉外事業、懇親会の企画・設営・運営・出席

2)SDGsの推進・普及2


3)ジャンボ火起こし綱引きコンテストの企画・運営

4)会員拡大

5)JCルームの整理整頓

(例会担当)

1)理事会の出席

2)例会の実施並びに案内配信

3)委員会議事録の作成・保存

4)例会反省委員会の実施

5)懇親会の設営

(総務・財務担当)

1)登記関係及び公益関係の手続き、各種資料の作成及び保存管理

2)理事会、総会の設営

3)健全な財務処理の遂行

4)通信物の管理

5)電子メールの総合管理

6)出席率の管理(アテンダンス制の実施管理、例会欠席者への出席勧告)

7)管理台帳の維持管理

(広報担当)

1)SNSの管理運営

2)会員拡大を目的とした戦略的な広報の実施


《年間スケジュール》

1月~12月会員拡大

1月新年賀詞交換会

2月定時総会

4月市長講話

6月交流事業

8月臨時総会

10月次年度理事長所信表明

12月定時総会


《委員長抱負》

青年会議所への入会から1年と少しという経験が浅い中での委員長という大役を仰せつかりました。正直なところ、自身の成長への期待と不安と責任感を感じています。経験年数の浅いメンバーが過半数を占めている当青年会議所では、いかに短期間でJC活動を理解して魅力を感じ、またそれを自ら発信していける人材に育てていくことが拡大をするうえで重要なことだと感じました。経験が浅い自分だからこそ共感ができる、これから入会していただける仲間の不安を払拭し切磋琢磨し合える、より多くの仲間ができるよう努力していきます。一年間、秦野青年会議所メンバー一人ひとりの力を結集し、成功へと導けるように活動していきますのでご支援、ご協力の程お願い申し上げます。


2022年度 まちづくり委員会 委員長 琴浦輝

《基本方針》


委員長 琴浦輝


昨今の社会情勢により、人間関係が希薄化しICT化が進み就業場所や居住地の選択肢が増えまちへの帰属意識が低下した事で、若者世代の更なる人口流出への懸念材料となりました。だからこそ、まちの魅力に気づく事で帰属意識を取り戻して貰う必要があります。

希薄化するコミュニティ機能の再創造を我々青年の使命として、次代を担う世代がまちの魅力に触れ見出します。それを能動的に多様なコンテンツを組み合わせ、秦野の明るい豊かな未来に寄与していくことが求められています。本年、当委員会ではコミュニケーション方法を学ぶ事業や、秦野の人々の心を惹きつける魅力を市内外の人が認識する事業を展開します。「ひとづくり」事業では、人と会う機会が少なくなってしまった今だからこそ、短時間でより強い信頼関係を築く事が極めて重要です。その為に、対人間での情報共有や意思の疎通をスムーズに行うスキルを身に付ける機会を設けます。そして「まちづくり」事業では、若い世代を中心に多くのコミュニティが秦野の魅力を認識し、それを多世代の地域市民が共有することで、地域愛を醸成していく事業を構築します。まずは若い世代を中心とした様々なグループに、新たな秦野の魅力を発見する事業に参加をしていただきます。そして、その体験で生まれた笑顔や愛郷心への気付きを自分の住むまちが誇りに思えるように働きかける為、多くの人々とその気付きを共有します。さらに事業を通じて発見した魅力を市内外のより多くの多世代に向けてICTも活用しながら広域伝播することで、参加者以外の方も帰属意識を持つ事につながり、まちの心豊かな発展に寄与します。当委員会の事業を通じて市内の人にも市外の人にも魅力あふれる秦野を愛して欲しいのです。そして集結した仲間が小さなコミュニティを創り、やがては次代への大きなムーブメントを生み、新しい時代のあり方を秦野が実践し、時代に沿って生きやすく発展していくよう組み上げたいと思います。


《活動・運動計画》

(会員共通)

1) 例会、対内事業、渉外事業、懇親会の企画・設営・運営・出席

2) SDGsの推進・普及

3) ジャンボ火起こし綱引きコンテストの企画・運営

4) 会員拡大

5) JCルームの整理整頓

(例会担当)

1) 理事会の出席

2) 例会の実施並びに案内配信

3) 委員会議事録の作成・保存

4) 例会反省員会の実施

5) 懇親会の設営

《年間スケジュール》

1月~12月 会員拡大

3月 3月例会

7月 7月例会


《委員長抱負》

青年会議所へ入会しまだ一年程ですが、この度まちづくり委員会の委員長という立場を仰せつかり期待と不安を感じています。参加した事業では仲間を信じ一緒に作り上げることの楽しさや、やりがいを肌で感じることが出来きました。私が感じた思いを新たに入会

しようと考えている対象者に伝え拡大に繋げたいと思います。また、託された任を精一杯邁進し自身の成長に繋がるよう頑張りたいと思います。経験が浅い私ではございますがご支援ご協力の程よろしくお願いいたします。


2022年度 ジャンボ火起こし綱引きコンテスト特別委員会

《基本方針》


委員長 松崎雄己


ジャンボ火起こし綱引きコンテストは33年間続いている秦野青年会議所の恒例行事です。しかし重なる緊急事態宣言を受け、中止の判断を余儀なくされ2年の月日が経過しようとしています。この期間で加速的にデジタル化が進み、対面する機会が減少する中、絆を強化することが難しくなっています。そこで本年は、多くの人の心に届く事業を構築します。多くの人と、絆を強化し心を育むことで広く伝播し、まちの発展に繋がると考えます。本年、当委員会ではジャンボ⽕起こし綱引きコンテストを事業展開していきます。しかし、過去2年間開催されていないことから、事業に参加したことのないメンバーが増加しています。そこで第一に、この事業の意義や歴史について行政やOBの方々から学びとる機会をつくります。この機会を活かし行政やOBの方々との関係の強化及び、意見交換を通じた新たなアイディアや発想を出す場をつくります。そして新しい環境の中、市民にとって新しい時代の幕開けを彷彿させる事業を企画、運営してまいります。さらに、運動を広く伝えるために、オンラインを活用したコンテンツを作成して多くの方々に届け、市民の方々との絆を結ぶ機会と致します。また、事業を構築して行く為には行政、他団体などそれぞれの考えを汲み取り合い、切磋琢磨をすることで、結びつきを強化して新たな絆と心を組み上げる契機といたします。 さらに、近隣の青年会議所と協同で行っている事業を通じて、積極的な交流を行い、情報交換や広域での連携を強めることによって、市内外へ広く活動を伝播し、当青年会議所の必要性を伝え、より信頼される団体になってまいります。当委員会は本事業を通じて、多様な形のコミュニティで関わり合う人たちと共に事業を創ることで、人の心を組むことの大切さを学びます。さらに、全ての人々の心が組み合うことによって、まちの繁栄へと繋げてまいります。

《活動・運動計画》

(会員共通)

1) 例会、対内事業、渉外事業、懇親会の企画・設営・運営・出席

2) SDGs の推進・普及

3) ジャンボ火起こし綱引きコンテストの企画・運営

4) 会員拡大

5) JC ルームの整理整頓

(例会担当)

1) 理事会の出席

2) 例会の実施並びに案内配信

3) 委員会議事録の作成・保存

4) 例会反省委員会の実施

5) 懇親会の設営

(ジャンボ火起こし綱引きコンテスト担当)

1) オンラインコンテンツの作成

2) 事業のメール配信

3) オープン委員会


《年間スケジュール》

1月〜12月 会員拡大

オープン委員会

5月 5月例会

9月 9月例会

《委員長抱負》

本年、入会から2年目で委員長という大役を仰せつかり、期待と不安の狭間にある心境です。先輩方から連綿と続く、想いをしっかりと心に刻み込み、行動していきたいと考えています。委員会の担いを精一杯にこなし、1年間邁進していく所存であります。当委員会では、メンバーの自由闊達さと特徴、特技を前面に出しながら、できる部分を最大限に行うことによって、最大の成果を出していけるように努めていきたいと思います。また同時に、事業や日頃の活動を通じて理事長の拡大活動のサポートを行ってまいります。未熟ゆえメンバーや先輩方にご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、何卒ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。